受託手荷物に約1000万円相当の金塊 日本行きの便 女性3人に過料/台湾

受託手荷物に約1000万円相当の金塊  日本行きの便  女性3人に過料/台湾
税関に押収された金塊の一部=関務署台北関提供
(桃園空港 13日 中央社)桃園市の桃園国際空港で12日、日本へ渡航しようとしていた女性3人の受託手荷物から、限度額を上回る約262万台湾元(約970万円)相当の金塊2188グラムが見つかった。関務署台北関が明らかにした。3人には過料が科される。

台北関によれば、保安検査中に3人の受託手荷物に金塊があるのが見つかった。3人は金塊を25袋に分け、紙に包んだ上で衣服や靴下の中に入れていた。

2万米ドル(約221万円)相当を超える金を持ち出す際には、税関への申告が必要。3人が無申告で持ち出せるのは計6万ドル(約664万円)相当までだった。全ての金塊は一時的に差し押さえられ、限度額超過分に相当する82万台湾元(約304万円)が過料として科される。

(邱俊欽/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年6月13日の国際総合記事
「受託手荷物に約1000万円相当の金塊 日本行きの便 女性3人に過料/台湾」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    (日本の法律では)過料は刑事罰ではなくただの「過ち」に対するペナルティ。ということは盗まれた金などの犯罪ではなく個人の持ち物だったのだろう。お金持ちはすごいね。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。