日本時代開業の阿里山森林鉄道・竹崎駅 修復、再利用へ/台湾

日本時代開業の阿里山森林鉄道・竹崎駅  修復、再利用へ/台湾
竹崎駅=頼国華さん提供
(嘉義 14日 中央社)日本統治時代の1910(明治43)年に開業した阿里山森林鉄道の竹崎駅(嘉義県)が、修復・再利用される見通しとなった。阿里山林業鉄路及び文化資産管理処が14日、発表した。現在、シロアリ駆除などの応急措置が施されている段階で、本格的な作業は周辺の景観や安全などに配慮した計画に沿って行われる予定。同処は、100年以上の歴史を持つ同駅が往年の姿を取り戻し、地域の観光振興につながることに期待を寄せている。

駅舎が醸し出す昔懐かしい雰囲気で、ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督の映画作品「坊やの人形」(1983年)のロケ地にもなった同駅。同処によると、駅の構内には、機関車を方向転換させるためのデルタ線など、文化的・歴史的な価値を持つ施設が今も残る。2009年に嘉義県の古跡に指定された。

阿里山林業鉄路及び文化資産管理処は、2013年から森林鉄道の運営に協力していた台湾鉄路管理局(台鉄)から業務を引き継ぐために設けられた林務局の付属機関。今月1日に発足して以来、積極的に文化資産の保護に取り組んでいた。同処によると、竹崎駅の待合室や切符売り場、事務所のほか、機関車や線路、ホーム、デルタ線なども保存の対象になるという。

(黄国芳/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年7月14日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。