日本時代の警察宿舎がカフェに 古坑コーヒーの由来伝える/台湾

日本時代の警察宿舎がカフェに  古坑コーヒーの由来伝える/台湾
テープカットをする雲林県政府の黄玉霜秘書長(右から5人目)ら=同県政府提供
(雲林 19日 中央社)中部・雲林県古坑に位置する築85年の「永光派出所宿舎」が修復を経て、地元の特産、古坑コーヒーの由来を伝える文化施設「永光故事屋」に生まれ変わり、18日にオープンした。店内にはカフェスペースのほか、古坑コーヒーの歴史や器具などを紹介する書籍の展示コーナーが設けられ、今後は文化イベントなども行われるという。同県政府の黄玉霜秘書長は、地元の観光振興につながることに期待を示した。

黄氏によると、同宿舎は1933(昭和8)年に巡査部長用として建てられたもので、2008年に古坑初の歴史的建造物に登録された。

古坑は日本統治時代にコーヒーの本格的な栽培が始まった土地で、地元の文献には、品質の高さから天皇に献上されたという記録も残る。黄氏は、店内の展示を通して古坑コーヒーに関する知識を深められるとアピールして来訪を呼び掛けている。

(江俊亮/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年7月19日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。