中国、台湾侵攻準備を2020年までに整える方針=国防部報告

中国、台湾侵攻準備を2020年までに整える方針=国防部報告
オープンカーに乗って人民解放軍の香港駐留部隊を閲兵する習近平氏=2017年6月30日撮影
(台北 1日 中央社)国防部(国防省)は8月31日に公表した今年の「中共軍事力報告書」の中で、中国はいまだに台湾に対する武力行使を諦めておらず、2020年までにその全面的な侵攻作戦能力の完備を目指しているとの見方を示した。

武力に訴える可能性があるのは、台湾による独立の宣言、台湾内部の動乱、核兵器の保有、中国との平和的統一を目指す対話の遅延、外国勢力による台湾への政治介入、外国軍の台湾駐留などが起きた際だと分析。

運用する戦術・戦法については、台湾海峡を挟むといった地理的な環境の制限により、上陸用舟艇や後方補給能力が不足しているため、現段階では軍事的脅威や封鎖作戦、制圧射撃などの可能性が大きいとした。

また中国軍が近年台湾を周回する形で飛行したり航行したりしており、それらのいずれも対台湾作戦を想定したものと言及。軍事科学技術と兵器の研究開発に力を注ぎ続けている戦力の増強と台湾への脅威に警戒感をあらわにした。

(游凱翔/編集:荘麗玲)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「中国、台湾侵攻準備を2020年までに整える方針=国防部報告」の みんなの反応 21
  • 匿名さん 通報

    侵攻したら中国経済は完全に破綻するだろう。今でさえアメリカからの貿易圧力がある。侵攻した場合、全世界から貿易圧力がかかり国家破綻するはずだ。

    13
  • 匿名さん 通報

    台湾が中国だった歴史が何処にあるんたよ… 蒋介石が占領したから中国のモノってアホ過ぎる… 今や台湾は台湾人のモノ… 中国が台湾を攻めたら中国が台湾のモノになるかもよ… 共産主義さん

    10
  • 匿名さん 通報

    中国は大罰が当たる。

    7
  • 匿名さん 通報

    アメリカ海兵隊の基地を是非台湾へ。

    6
  • 匿名さん 通報

    過去の連合国の一国が次は侵略か。

    5
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。