東アユース大会中止の台中市、「アジア太平洋ユースゲームズ」開催へ/台湾

東アユース大会中止の台中市、「アジア太平洋ユースゲームズ」開催へ/台湾
林佳龍台中市長
(台中 3日 中央社)台中市の林佳龍市長は3日、国際スポーツ大会「アジア太平洋ユースゲームズ」(亜太青年運動会)を政府と共同で来年開催すると発表した。同市は来年、「東アジアユースゲームズ」を開催予定だったが、中国の圧力で中止が決まっていた。林市長は、同大会に出場予定だった選手に実力を発揮する舞台を提供したいとしている。

同市は2014年10月に2019年東アユース大会の開催権を獲得し、競技場の建設など約6億7673万台湾元(約24億5200万円)を投じて準備を進めてきた。だが7月24日、北京で開かれた東アジアオリンピック委員会(EAOC)の臨時理事会で、中国主導の多数決の末に開催中止が決まった。同市は同月末、開催権維持の申立書をEAOCに提出したが、EAOCからは「決定は変わらない」という主旨の回答がなされた。

林市長によれば、アジア太平洋ユースゲームズの開催は総統府や行政院(内閣)、専門家との度重なる話し合いの上で決定された。参加する国・都市や選手の範囲は東アユース大会よりも広げる予定だという。アジア太平洋地域の国・地域の参加を歓迎し、いずれの国・地域も招待するとしている。

林市長は、スポーツに国境はなく、政治的干渉はあってはならないとした上で、オリンピックの精神を遵守しさえすれば、台湾は自らのブランドを立ち上げることも可能であり、どんな圧力も怖くないと自信をのぞかせた。

(蘇木春/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年9月3日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。