「台湾」名義での東京五輪参加めぐる国民投票に反対票を=中華五輪委

「台湾」名義での東京五輪参加めぐる国民投票に反対票を=中華五輪委
中華オリンピック委員会の旗
(台北 17日 中央社)台湾では24日、統一地方選挙とともに10項目の国民投票が実施される。そのうち、「台湾」名義での東京五輪への参加申請の是非を問う国民投票について、中華オリンピック委員会は16日、参加名称の変更申請は選手の出場権に確実に影響を及ぼすとして、反対票を投じるよう公式サイトで呼び掛けた。

台湾は中国との政治的な対立により、1950年代以降、国際的スポーツ大会に参加した際、名称を「中華民国」から「フォルモサ」や「TAIWAN 中華民国」などへの変更を余儀なくされたほか、国際オリンピック委員会(IOC)と協定を交わす1981年までの10年間はオリンピックやアジア大会に参加できずにいた。協定には「チャイニーズタイペイ」の名義と旗、エンブレムを使うことで、各国オリンピック委員会と同等の権利を得られることが明記されている。

同委は当該国民投票は政治的行為だとした上で、IOCの規定に違反するばかりでなく、台湾によるスポーツ界への政治的干渉と見なされたり、同委が資格停止になったりする可能性に言及。その場合、選手は国を代表して出場できず、たとえ、オリンピックの独立参加選手団として出場できてもコーチの帯同を含む国のバックアップを受けられないと指摘。台湾選手の出場資格を守るため、国民投票による同委の名称問題介入に断固反対するとした。

同委はこれまで台湾選手による東京五輪への出場権を守る姿勢を示してきたが、同国民投票に対する立場を表明したのは今回が初めて。

(龍柏安/編集:荘麗玲)

あわせて読みたい

気になるキーワード

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年11月17日の国際総合記事
「「台湾」名義での東京五輪参加めぐる国民投票に反対票を=中華五輪委」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    台湾名義で何が問題なんだよー。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。