台湾が3位に浮上 過去最高=女子野球世界ランキング

台湾が3位に浮上  過去最高=女子野球世界ランキング
今年8月の女子野球W杯で日本との決勝を前に円陣を組む台湾の選手たち=駐マイアミ弁事処提供
(台北 6日 中央社)世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が5日発表した女子野球の世界ランキングで、台湾は過去最高位の3位になった。今年8月のワールドカップ(W杯)で準優勝の好成績を収め、前回の6位から3つ順位を上げた。上昇幅は全チームで最多。

台湾は1297ポイントで2位のカナダとわずか3ポイント差だった。2010年から続く1位を維持した日本は満票の2000ポイント。

近年、台湾の女子野球は躍進を遂げている。W杯での活躍のほか、今年3月には台湾人として初めて3選手が日本女子プロ野球リーグに加入した。

(楊啓芳/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2018年12月6日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。