近大が台湾で交流50周年記念イベント マグロの解体や試食も

(台北 22日 中央社)近畿大学(大阪府)が21日、台北市内で、台湾との学生交流50周年を記念するイベントを開催した。台湾の大学や企業との親睦を深め、日本に関心を持つ台湾の若者に同大を紹介するのが狙い。完全養殖に成功した「近大マグロ」の解体ショーや試食会、ビジネスフォーラム、留学生向けの相談などが行われた。同大は、今回のイベントを通して交流の歴史を振り返り、台湾との絆をさらに深めたいとしている。

近大と台湾との縁は、同大通信教育部が台湾人留学生の受け入れを始めた1968年から続いている。近年では台湾の16大学と協定を締結するなど交流がさらに進み、これまでに同大で学んだ台湾人学生は1680人に上る。昨年には台湾の経済部(経済省)と就職支援に関する覚書を交わし、今年7月には海外就職を希望する同大の学生と台湾企業とのマッチングイベントも開いている。

イベントには日本や中国、米国などから卒業生、在学生、職員ら約300人が集い、現在台湾プロ野球・中信の2軍監督を務める元阪神の林威助氏も同大OBとしてトークショーを行った。

(編集:塚越西穂)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク