外交部、TPP発効を歓迎 台湾の参加支持に期待

外交部、TPP発効を歓迎  台湾の参加支持に期待
(台北 30日 中央社)外交部は30日、日本主導の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が同日午前0時に発効したことを歓迎する意向を示した。世界とアジア太平洋地域の経済発展に重要な意義があると協定発効の意義を強調した上で、台湾による同協定への早期参加に期待を示した。

同協定には日本をはじめとする11カ国が参加し、30日は批准手続きが完了している6カ国での発効となった。6カ国は、日本、メキシコ、シンガポール、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア。残る5カ国は、来年1月14日にベトナムが参加し、マレーシア、ブルネイ、チリ、ペルーが国内での手続きを進めている。

外交部は、台湾による同協定への参加はアジア太平洋地域の経済成長と繁栄に寄与するとし、これらの国が手続きを終えた段階で、台湾を含む新規メンバーを早期に受け入れるよう加盟国に呼び掛けた。

(游凱翔/編集:荘麗玲)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。