日本人の男が台北で酒気帯び事故 3人けが

日本人の男が台北で酒気帯び事故  3人けが
(台北 12日 中央社)台北市内の交差点で11日深夜、酒気帯びの状態で車を運転していた日本人の男(50)が衝突事故を起こし、台湾人3人がけがをした。男は公共危険罪の疑いで12日に士林地方検察署(地検)に送検されたが、台湾に定住所を持っており、被害者と和解する意向を示したとして同日釈放された。

台北市警察によると、11日午後11時ごろ事故の通報を受け、警官を現場に派遣した。日本人の男が、信号が変わるのを待たずに左折し、直進中の台湾人男性の車に衝突したとみられる。台湾人男性は首に、同乗していた2人は手と胸を打撲しており、病院に搬送された。日本人の男にけがはなかったが、呼気から基準値の1リットル当たり0.15ミリグラムを大幅に上回る同0.85ミリグラムのアルコールが検出された。同日友人と食事をし、ウイスキーを3杯飲んだと供述している。

日本人の男は、台湾で旅行コンサルティング会社を経営しており、業界では名を知られた人物だという。

(劉建邦、蕭博文/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年1月12日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。