蔡英文総統、腰を据えた両岸対話の必要性強調 台湾

記事まとめ

  • 蔡英文総統は11日、中国に拠点を構える台湾企業との交流会で「両岸交流に反対したことはない」と強調。
  • 双方が頻繁に交流ややり取りをするのは自然な成り行きというだけでなく必然的な発展だと言及。
  • 交流会は、台湾の対中窓口機関、海峡交流基金会や大陸委員会、業界団体の中華民国全国工業総会らが共催した。

蔡総統、腰を据えた両岸対話の必要性強調/台湾

蔡総統、腰を据えた両岸対話の必要性強調/台湾
中国に拠点を構える台湾企業との交流会に出席する蔡英文総統(右から2人目)
(台北 11日 中央社)蔡英文総統は11日、台北市内のホテルで、中国に拠点を構える台湾企業との交流会に出席し、「両岸交流に反対したことはない」と強調しつつ、台湾と中国が腰を据えて問題解決に向けて話し合う必要性を訴えた。

蔡総統は両岸の地理的な近さに触れ、双方が頻繁に交流ややり取りをするのは自然な成り行きというだけでなく、必然的な発展だと言及。その上で、両岸間のいかなる問題も解決に向けて腰を据えて話し合うことができ、そうするべきだとし、これが一貫した信念だと述べた。

交流会は、台湾の対中窓口機関、海峡交流基金会や大陸委員会、業界団体の中華民国全国工業総会らが共催した。

(葉素萍/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年2月11日の国際総合記事
「蔡総統、腰を据えた両岸対話の必要性強調/台湾」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    性犯罪者をかばうってことは頭の中が性犯罪者と一緒、ってことだよ そこの馬鹿ウヨ。

    1
  • 匿名さん 通報

    尖閣付近で台湾漁船が漁をできるようにして友好を深めたのは民主党なのに、なんでも自分の手柄にしたい安倍自民党が「俺がやった」と言い出している。

    0
  • 匿名さん 通報

    日本軍は台湾人女性に対して卑劣で猛烈なな性犯罪をやったのにまだ謝罪していない。そもそも「会ってもいない」。日本軍は女性たちを洞窟に閉じ込めて昼も夜もなく強,姦した。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。