国連、中華台北に訂正 台湾を「中国の省」と表記

国連、中華台北に訂正  台湾を「中国の省」と表記
台湾野球界初の女性審判員、劉柏君さん=国連の公式サイトより
(台北 6日 中央社)国連組織「UNウィメン」は、台湾野球界初の女性審判員、劉柏君さんを紹介するツイッターの投稿や公式サイトでその出身地について「台湾、中国の省の1つ」と記した。これに対し、劉さんは4日、フェイスブック上で不満の声を上げた。問題の記述は5日までにチャイニーズタイペイに訂正され、ツイッターの投稿は削除された。

劉さんは先月中旬、女性のスポーツにおけるエンパワーメントを促進したとして国際オリンピック委員会(IOC)とUNウィメンから「世界女性スポーツ賞」を授与された。同賞の受賞は台湾人として初。UNウィメンの公式サイトには、劉さんが自身の体験をつづった文章が掲載されたが、冒頭の要約には「台湾、中国の省の1つ」出身だと書かれていたという。文章は「UNウィメン」のツイッターにも投稿された。

呉ショウ燮外交部長(外相)は4日、外交部(外務省)の公式アカウントでこの投稿を引用し、「なぜ不正確な言い方をするのか」と指摘した上で「彼女は台湾出身だ」と訴えた。(ショウ=金へんにりっとう)

劉さんは自身のフェイスブックで、同賞の受賞は光栄だとしつつ、「私は台湾人だ」と言明。台湾が中国の省ではないという声を共に上げようと人々に呼び掛けていた。

(侯姿瑩/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

気になるキーワード

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年4月6日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。