台湾の海軍艦レーダー整備を支援 FMS契約額約55億円=米国防総省

台湾の海軍艦レーダー整備を支援  FMS契約額約55億円=米国防総省
台湾海峡の澎湖沖で演習を行う中華民国海軍艦=資料写真
       
(台北 9日 中央社)米防衛大手レイセオンが中華民国海軍艦のレーダーシステムの整備などの支援に関する有償軍事援助(FMS)契約を受注したことが分かった。米国防総省が先月26日発表した。契約額は約5000万米ドル(約55億6600万円)。2024年3月までの完了を予定している。

海軍司令部はこれについて、中華民国海軍艦の戦力を確保し、領海などを守るためだと説明した。

(編集:名切千絵)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月9日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。