台湾の国立オーケストラ、日本ツアー開幕 日本時代の作曲家の代表曲演奏

台湾の国立オーケストラ、日本ツアー開幕 日本時代の作曲家の代表曲演奏
バイオリニストのリチャード・リン(手前左)に拍手を送るリュウ・シャオチャ指揮(同右)=台湾フィルハーモニック提供
(東京 1日 中央社)台湾の国立オーケストラ「台湾フィルハーモニック」(国家交響楽団)が4月30日、東京・上野の東京文化会館(台東区)で演奏した。今年の日本ツアーの初演となり、5月6日にも大阪で公演を行うほか、同3~5日には石川県金沢で開かれる「風と緑の楽都音楽祭 2019」にも出演する。

リュウ・シャオチャ(呂紹嘉)指揮での日本ツアーは4度目。今回は日台それぞれを代表する作曲家、芥川也寸志と江文也の楽曲を演目に組み入れた。江は日本統治下の1910(明治43)年に台湾で生まれ、日本で音楽を学んだ。今回の演目には、江が1936年のベルリン五輪芸術競技に日本を代表して出品し、作曲賞を獲得した作品「台湾舞曲」が選ばれた。

この日会場には、日本の音楽ファンのほか、米国やデンマーク、ドミニカ共和国、エクアドルなど21カ国の大使館の来賓ら約1500人が詰めかけた。江の次女の江庸子さんの姿もあった。庸子さんは台湾舞曲について、近年何度も演奏されているものの、東京文化会館のような正式なホールで、このような盛大な編制のオーケストラによって演奏されるのは初めてだと話し、喜びを示した。

今回の日本ツアーは平成から令和へと時代をまたいで行われる。リュウさんは「先人の経験を受け継ぎ、新しいものを切り開いていくような意味がある」と語る。台湾と日本は歴史上の接点があるとし、音楽から歴史の流れを見つめ、前を向いて進んでいくことが大切だと話した。

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。