台湾の小学生、宮崎の音楽祭で民謡の演奏披露 民族文化伝える

台湾の小学生、宮崎の音楽祭で民謡の演奏披露  民族文化伝える
「みやざき国際ストリート音楽祭2019」に出演する海山小の吹奏楽団=同小の保護者後援会提供
(新北 1日 中央社)北部・新北市の海山小の吹奏楽団が4月29日、宮崎県内で行われた「みやざき国際ストリート音楽祭2019」に出演し、台湾の民謡をメドレーで演奏した。客家の茶摘みの踊りも披露し、台湾の民族文化を伝えた。演奏が終わると、客席から大きな拍手が起こった。

同小音楽教師の蔡佩鵑さんは、音楽交流を通じて児童に異文化を体験させると同時に、慎重に物事を進める日本人の一面を見てもらうことで、物事に向き合う態度を向上させられればと話した。

同音楽祭には、トランペット奏者で台湾師範大教授の葉樹涵さんや台湾師範大附属高校吹奏楽部も出演した。

(黄旭昇/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。