台北映画祭、蒼井優や竹内結子ら出演の「長いお別れ」など日本映画上映

台北映画祭、蒼井優や竹内結子ら出演の「長いお別れ」など日本映画上映
「長いお別れ」(中野量太監督)の劇中写真=台北映画祭提供
(台北 13日 中央社)台北市で来月下旬に開幕する「第21回台北映画祭」(台北電影節)で、蒼井優や竹内結子ら出演の「長いお別れ」(中野量太監督)や昨年のキネマ旬報ベスト・テンに選ばれた「きみの鳥はうたえる」(三宅唱監督)などの日本映画が上映される。日韓話題作のラインナップとして発表された。

このほか上映が発表された日本映画は、片山慎三監督の初長編作品「岬の兄妹」、中川龍太郎監督の「わたしは光をにぎっている」。

中国出身で韓国を拠点に活躍するチャン・リュル(張律)監督が福岡を舞台にして撮影した「福岡」も上映される。

同映画祭は6月27日から7月13日まで。台北市内の劇場や映画館で開催。

(洪健倫/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年5月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら