台湾代表チーム、女子コンパウンド団体で金=アーチェリー世界選手権

台湾代表チーム、女子コンパウンド団体で金=アーチェリー世界選手権
優勝を喜ぶ台湾の代表チーム=林政賢さん提供
(台北 15日 中央社)アーチェリーの世界選手権は15日、オランダのスヘルトーヘンボスで女子コンパウンド団体の決勝戦が行われ、台湾が229-224で米国に勝ち、金メダルを獲得した。1999年の同大会で優勝して以来、20年ぶり。

女子コンパウンドの陳詩園コーチは、台湾はかつてコンパウンドで輝かしい成績を残したにもかかわらず、非五輪種目であるという理由で発展が停滞していたと話し、今回の快挙を喜んだ。

16日には女子リカーブ団体が韓国との決勝戦に臨む。

(龍柏安/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年6月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。