鴻海の郭氏、会長職退く 後任はシャープ取締役の劉揚偉氏/台湾

鴻海の郭氏、会長職退く  後任はシャープ取締役の劉揚偉氏/台湾
鴻海の次期会長に選ばれた劉揚偉氏(左)と現会長の郭台銘氏(中央)
(台北 21日 中央社)電子機器受託製造大手、鴻海(ホンハイ)精密工業は21日、北部・新北市で董事会(取締役会)を開き、シャープ取締役の劉揚偉氏を次期董事長(会長)に選任した。来年1月の総統選に向け、最大野党・国民党からの出馬を目指す郭台銘会長は退任し、取締役に降任する。

半導体のエキスパートとして郭氏の信頼が厚い劉氏。聯華電子(UMC)傘下のIC設計会社、聯陽半導体(ITE)創業メンバーの一人で、同社の米子会社で副総経理(副社長)を務めたほか、ICメーカー、プリンストンテクノロジー(普誠)の総経理(社長)などを歴任。鴻海入社後は、郭氏の特別アシスタントなどを経て、半導体部門のトップに就任していた。

今後鴻海の経営は事実上、同日付で新たに発足した9人体制の経営委員会に引き継がれる。同委には、同社の呂芳銘副総裁のほか、黄秋蓮最高財務責任者(CFO)らが名を連ねた。

(鍾栄峰/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年6月21日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。