同性婚合法化から1カ月 1173組が届け出提出/台湾

同性婚合法化から1カ月  1173組が届け出提出/台湾
同性婚合法化から1カ月、台湾全土で1173組が届け出提出
(台北 24日 中央社)同性婚を認める特別法が施行されてから24日で1カ月となった。内政部(内務省)によると、22日までに同性婚の届け出を提出したカップルは台湾全土で1173組に上った。男女別では女性カップルが790組、男性が383組。どちらか片方が外国人のカップルは28組だった。

県市別にみると、新北市が242組で最多。次いで台北市198組、高雄市159組、台中市141組などとなった。離島の連江県を除く全ての県で同性カップルから結婚の届け出の提出があったという。屏東県や苗栗県では各1組が離婚の手続きをした。

(王承中/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月24日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。