台中メトロ・グリーンライン、来年末の開業に向け試運転

台中メトロ・グリーンライン、来年末の開業に向け試運転
台中メトロの車両=台中市政府提供
(台中 4日 中央社)2020年末の開業を予定する中部・台中市の台中メトロ(MRT)グリーンラインが3日、試運転を開始した。開業後と同じダイヤで午前6時から午前0時まで7日間連続で列車を運行させて電気系統の安全性などを検証する。同市政府交通局の葉昭甫局長は、厳しい基準で安全、安定を確保し、万全の体制で開業に臨みたいと意欲を示した。

同局によると、グリーンラインは市内の北屯と台中高鉄駅間を結ぶ全長16.71キロの路線で、全18駅。台中高鉄駅には在来線の台湾鉄道(台鉄)や台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)が乗り入れるほか、乗り換えの利便性を高めるために、途中の松竹駅、大慶駅にも台鉄との連絡通路が設置されるという。

(蘇木春/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。