野球U18台湾代表、日本と韓国破り世界大会へ

(台北 5日 中央社)野球のポニーリーグのアジア太平洋地域選手権は1~5日の日程で宮崎県内で行われ、台湾がパロミノ(18歳以下)の部で優勝し、来月初旬に米テキサス州で開催される世界選手権への切符を手に入れた。

2日の初戦で韓国と対戦した台湾。三回裏に5-1とリードしたが雨が強まって試合は中断。4日は日本との2回戦に4-1で勝利した後、韓国との試合を再開。最終的に6-2で韓国を抑え、大会を制した。

(楊啓芳/編集:塚越西穂)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。