在フィジー出先機関、「中華民国」から「台北」に改称 台湾、中国圧力を非難

在フィジー出先機関、「中華民国」から「台北」に改称 台湾、中国圧力を非難
(台北 31日 中央社)外交部(外務省)は31日、中華民国(台湾)がフィジーに置く出先機関の名称変更に関する行政手続きが完了したと発表した。公式サイトや書類の表記などは「中華民国駐フィジー商務代表団」から「駐フィジー台北商務弁事処」に変えられた。同部は名称の変更は中国の圧力によるものとし、「わが政府は強い非難を表明する」との立場を示した。

同部は、中国政府が政治経済的な優位性などを利用し、フィジー政府に出先機関の改称を強要したと指摘した。

同部は、フィジー政府に対しても正式に抗議したと説明。同部によると、中華民国は1971年、フィジーに出先機関を設置。同部はフィジー政府に、双方が50年近くにわたって築いてきた協力関係を重視するよう呼び掛けているという。また名称を元に戻すよう、フィジー側との意思疎通を続けるとしている。

中華民国の出先機関は、2016年5月に独立志向とされる蔡英文政権が発足して以降、中国の圧力の下で改称が相次いでおり、これまでバーレーンやエクアドル、ヨルダンなどに置く出先機関の名称から「中華民国」や「台湾」の表記が消えた。台湾はいずれの国とも外交関係を有していない。

(侯姿瑩/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年7月31日の国際総合記事
「在フィジー出先機関、「中華民国」から「台北」に改称 台湾、中国圧力を非難」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    こういう記事書くとパヨが必ず釣れます()

    2
  • 匿名さん 通報

    馬鹿ウヨは台湾を同胞と呼ぶが、しかし台湾人元慰安婦に対して謝罪はしない。恥ずかしくないのか。ウヨクに良心はひとかけらもない。

    0
  • 匿名さん 通報

    台湾や大陸や朝鮮半島の老人は家族を日本軍に殺されている。だから日本人が嫌いなのは当たり前。それなのに馬鹿ウヨは「こいつらは反日」はあ?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら