台南市、各国の野球U12代表をおもてなし 日本選手はマンゴーに舌鼓/台湾

台南市、各国の野球U12代表をおもてなし  日本選手はマンゴーに舌鼓/台湾
マンゴーに舌鼓を打った日本のU12代表選手ら=台南市観光旅游局提供
(台南 31日 中央社)台南市政府は31日、同市で開かれている第5回WBSC U-12ワールドカップの出場チームの選手を市内の観光名所に案内した。日本代表選手は少年野球の強豪校、協進小の野球文物記念館を見学したほか、同市名産のマンゴーに舌鼓を打った。同市によると、選手はマンゴーを頬張ると満足した笑顔をのぞかせたという。

同大会には世界から12カ国が出場。26日から2グループに分かれたオープニングラウンドが行われており、31日は多くのチームにとって休養日となった。各グループの上位3チームで争うスーパーラウンドが8月1日に始まり、4日に決勝が行われる。

スーパーラウンドへの進出を決めたのは台湾、日本、キューバ、韓国、メキシコ、ベネズエラ。

(楊思瑞/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年7月31日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら