気球乗って古跡眺める 日本統治時代「東洋一」製材所/台湾・嘉義

気球乗って古跡眺める  日本統治時代「東洋一」製材所/台湾・嘉義
イベントを楽しむ子どもら=嘉義市政府提供
(嘉義 5日 中央社)日本統治時代に建設された南部・嘉義市の「旧嘉義製材所」を熱気球に乗って上空から眺めるイベントが3日と4日に催された。芝生が敷かれた広場から大きな熱気球が舞い上がり、親子連れなどでにぎわった。

日本統治時代に林業で栄え、「木都」と呼ばれた嘉義。製材所は1914(大正3)年に操業を開始し、阿里山で伐採されたヒノキの製材が主に行われていた。当時、世界最先端の設備を誇り、「東洋一」と呼ばれたとされる。製材された木材は台湾各地や日本に運ばれた。

2016年には当時の地下遺構が新たに発見された。施設の修繕などを経て、今年6月30日から一般開放されている。

(江俊亮/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。