蔡英文総統、台湾発ドリンク店問題で中国を批判

蔡英文総統、台湾発ドリンク店問題で中国を批判
ドリンクスタンド「一芳」の店舗=資料写真
(高雄 10日 中央社)台湾発のドリンク店の政治的立場を巡るインターネット上の騒ぎが、台湾と中国それぞれのネットユーザーによる“魔女狩り”に発展している。蔡英文総統は10日、問題の根源は中国当局にあると指摘。経済活動への介入は「人を呪わば穴二つ」だと述べ、直ちに手を引くよう中国に呼び掛けた。

南部・高雄市でメディアの取材に応じた。中国当局による経済活動への介入はエスカレートしているとした上で、だからこそ各国は中国を警戒し、対抗しようとまでするのだと述べた。

事件の発端となった場所は、「逃亡犯条例」改正案に反対するデモやストライキが続く香港。同地に進出しているドリンクスタンド「一芳(イーファン)」の名称を使った中国版ツイッター、ウェイボー(微博)のアカウントが5日、一国二制度への支持やスト反対の立場を表明したのを受け、台湾のネットユーザーの不満が噴出した。

一方で、中国のネットユーザーは、これまでにインターネットやその他の手段で台湾独立を支持する言動がみられた台湾のドリンク店を取り上げ、不買を呼び掛けた。これに対し台湾側も、中国におもねるような発言をした業者をリストアップしてけん制。非難の応酬となっている。日本でも店舗を展開するCoCo都可(ココトカ)、コイティー(50嵐)、ゴンチャ(貢茶)なども騒動に巻き込まれている。

(王淑芬、繆宗翰/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「蔡英文総統、台湾発ドリンク店問題で中国を批判」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    大陸で生きていくために止むを得ず春を売っていた女性が他の仕事をもらおうと市役所に行ったら、役人に「お前らの番なんか来ない!」と言われたそうだ。悲惨で残酷な社会。

    1
  • 匿名さん 通報

    中国大陸の民衆が一番憎んでいる相手は中国大陸の政府、行政(役人)。実は日本にはほとんど関心がない。生きていくために民衆は毎日腐った役人と戦わねばならない。

    0
  • 匿名さん 通報

    そう言うわけで、中国大陸の一般人は台湾なんかどうでもいい。目の前の役人にいろんな許可をもらわないと死んでしまうんだが役人は何もしてくれない。

    0
  • 匿名さん 通報

    中国大陸の役所は、例えて見れば窓口の一つ一つの担当者が全員安倍晋三みたいなもんかな。自分だけ高給、民衆は餓死。

    0
  • 匿名さん 通報

    中国が他国と戦争をやったら、中国共産党対民衆になるな。他国は民衆を後押しするだけで習近平は簡単に潰れる。

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。