ひきこもりの63歳男性、自宅で死亡 同居の母親、異変に気付かず/台湾

ひきこもりの63歳男性、自宅で死亡  同居の母親、異変に気付かず/台湾
(新北 15日 中央社)北部・新北市新荘にある集合住宅の一室で9日、住人である63歳の男性のミイラ化した遺体が発見された。男性はひきこもりがちで、同居する83歳の母親は6月中旬から顔を合わせておらず、異変に気付かなかったという。警察は死後長時間が経過しているとみて、死因や死亡時期の特定を進めている。

新北市警察局新荘分局によると、同じ集合住宅の上の階に住んでいる兄が、最近男性の姿を見ないことを案じて部屋を訪ねたところ、ドアのすき間からベッドに横たわっている男性の足が見えたため、不審に感じて通報。駆け付けた消防がドアを破って部屋に入り、遺体を発見した。現場に争った形跡は見られなかった。

警察の説明では、男性は自室に鍵をかけて他人が近づいたり接触したりするのを拒んでいたため、家族とは疎遠になっていた。部屋からは死臭が漂っていたが、家族はネズミかネコの死骸だと思っていたと証言しているという。

(黄旭昇/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年8月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら