「美少女」で日本の文化を振り返る企画展、台北で開幕

「美少女」で日本の文化を振り返る企画展、台北で開幕
台北市の北師美術館で24日から始まった「美少女の美術史」展=同館提供
(台北 24日 中央社)江戸時代から現代までのさまざまな少女のイメージを通じて日本の文化を振り返る「美少女の美術史」展が24日、台北市の台北教育大北師美術館で開幕した。

同展は島根県立石見美術館、青森県立美術館、静岡県立美術館を2014~15年にかけて巡回した同名の企画展の台北版。江戸時代から現代までのアーティスト約70人が思い描いた少女像が一堂に会する。

展示作品は、歌川国貞が1844年ごろ描いたとされる浮世絵「五節句ノ内 文月」や1908年に創刊された雑誌「少女の友」、イラストレーターのKEIが手掛けた「初音ミク 公式イメージ」(2007年)などをはじめ、洋画、日本画、漫画、彫刻、メディアアートなど200点余り。現代に活躍するアーティストの新作も多く展示される。

11月24日まで。

(鄭景ブン/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年8月24日の国際総合記事
「「美少女」で日本の文化を振り返る企画展、台北で開幕」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    かつて日本帝国が台湾で独立派の人間を殺して地面に大量の生首を並べ、記念写真を撮ったのを知ってるかい。

    0
  • 匿名さん 通報

    ウヨクは「鉄道を敷いてやった、建物を作ってやった」と恩着せがましい事しか言わない。完全に犯罪者脳。申し訳ないとは絶対に思わないのがサイコウヨク。

    0
  • 匿名さん 通報

    美少女展?これは面白そう 見てみたいねえ 世界にも焦点を向ければもっと良し

    0
  • 匿名さん 通報

    日本じゃ逆にこういうのは思いつかないだろうなぁ

    0
  • 匿名さん 通報

    こんなところにまでパヨチンが湧いてる。適度な湿気と適度な温度が有れば、何処にでも湧くんだねえ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。