JAL機が搭乗橋接触 桃園空港職員の不手際 乗客200人超に影響/台湾

JAL機が搭乗橋接触  桃園空港職員の不手際  乗客200人超に影響/台湾
搭乗橋と接触したJAL機
(桃園空港中央社)桃園国際空港(桃園市)で6日午前9時24分ごろ、日本航空(JAL)のJL802便が搭乗口にけん引される際、機体左側のジェットエンジンのカバーが搭乗橋に接触し、損傷した。

JALは、機体に深刻な損傷はみられないとしているが、整備が必要と説明。日本から別の航空機を手配して乗客輸送に当たる方針で、同便は約8時間遅れの午後5時50分に出発する見込み。乗客200人超に影響が出ている。

空港側によれば、空港職員の不手際があったとみられる。けん引車の運転手からアルコールは検知されなかった。詳しい原因は調査中だという。

(呉睿騏、余暁涵/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年10月6日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。