台湾と日本の芸術家による交流展、築180年超の町屋で開催

台湾と日本の芸術家による交流展、築180年超の町屋で開催
源古本舗で交流を深める日台の芸術家ら=源古本舗提供
(桃園中央社)清代末期に建てられた町屋を修復した北部・桃園市大渓の私設博物館「源古本舗」で16日から、日本の工芸作家とコラボレーションした「台日物産交流展」が始まっている。

大渓は、近隣で産出される木材や樟脳などを水運で台北に運ぶための集散地として清代から栄えた内陸の町。今でも当時の名残をとどめる建物などが残り、桃園有数の観光地の一つとなっている。桃園市政府や文化部(文化省)の資料によると、源古本舗の築年数は180年以上で、台湾の町屋の特徴とされる間口が狭く、奥行きが深い造り。日本統治時代に家主となった古氏一家が代々、雑貨店、菓子店などを経営してきた。文化的な価値があるとして2009年に桃園県(現桃園市)の歴史建築に登録された。文化部などの補助を受けた修復工事が今年7月までに完了し、同市初の私設博物館に生まれ変わった。同展では、古色蒼然とした家屋の中で、加賀市を拠点に活動する漆器木地師、田中瑛子さんらの作品を見ることができる。

交流展は、第五代当主、古正君さんのコレクションを中心に漆器や茶器、小皿などを300点余り集めた「幸福器味特展」との同時開催。映像や音楽など異分野のアーティストとのコラボによって身近な食器の新しい使い道を提案し、生活の中で感じる幸福感を伝える。

参観は毎週金、土、日曜のみで、予約制。12月10日まで。

(邱俊欽/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年10月17日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら