日本から輸入の水産品から基準値超の重金属検出/台湾

日本から輸入の水産品から基準値超の重金属検出/台湾
基準値を超える重金属が検出された活ホタテ=食品薬物管理署提供
(台北中央社)日本から台湾に輸入されたホタテから、基準値を超えるカドミウムが検出されていたことが分かった。衛生福利部(保健省)食品薬物管理署が5日、水際検査で不合格になった輸入食品13件を公表した。

同署が公表した資料によると、中部・台中市の水産業者が青森県の業者から先月輸入した活ホタテ80キロから、基準値(1キロ当たり1ミリグラム)を上回る1キロ当たり4ミリグラムのカドミウムが検出された。

不合格品は輸入が認められず、全て返送または廃棄処分される。

(張茗喧/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。