国民党重鎮・王氏、出馬断念 親民党の宋主席が立候補へ=総統選/台湾

国民党重鎮・王氏、出馬断念 親民党の宋主席が立候補へ=総統選/台湾
王金平氏
(台北中央社)最大野党・国民党重鎮の王金平氏(78)は12日、台北市内で会見を開き、来年1月の総統選への立候補を断念する意向を明らかにした。候補擁立資格を持つ小政党、親民党からの出馬を検討していたが、同党の宋楚瑜主席(党首)が参戦する考えを固めたためだという。宋氏が出馬すれば、再選を目指す民進党の蔡英文総統と国民党の候補、韓国瑜高雄市長の三つどもえの戦いとなる。

王氏は、現職の立法委員(国会議員)で、李登輝政権末期の1999年から約17年にわたって立法院長(国会議長)を務めた。総統選の公認候補を決める党内予備選に名乗りをあげたが、当初出馬表明をしていなかった韓氏を予備選に参加させる方針を党が決めたことに不満を示し、6月に辞退した。

その後も総統選出馬を目指していた王氏。予備選で敗れ、国民党を離れた鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘・前董事長(会長)や柯文哲・台北市長との連携の道を探りつつ、親民党の協力を得るため動いていた。

(劉冠廷/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年11月12日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。