台湾、華為のスマホ3機種の販売を停止 「中国台湾」表示で

台湾、華為のスマホ3機種の販売を停止  「中国台湾」表示で
華為技術のスマホ=資料写真
(台北中央社)中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)のスマートフォン3機種が台湾を「中国台湾」と表示することが判明したのを受け、通信や放送事業を監督する国家通訊伝播委員会(NCC)は14日、通信大手5社や代理店に3機種の販売停止を求めた。

問題の機種はP30、P30 Pro、Nova 5T。ソフトウエア更新後、台湾に関する表記が「中国台湾」に変わったことが13日に伝えられ、物議を醸していた。これを受けてNCCは同日、事実と異なる表記は国家の尊厳を損ねるとして、元に戻すよう業者に要求していた。

NCCの蕭祈宏報道官は、表示が正常に戻るまでは3機種の販売を禁じるよう、14日午前までに通信大手や代理店に書面で通達したとしている。

(呉柏緯/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2019年11月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。