(台北中央社)来年1月23日に就航する台湾の航空会社、星宇航空(スターラックス)は16日、公式サイトで航空券の予約受付を開始し、マカオ行きの就航初便は販売開始から6分で完売した。同社の広報責任者が明らかにした。


同社は桃園国際空港を拠点とし、現時点でマカオ、ベトナム・ダナン、マレーシア・ペナンの3都市への就航が決まっている。3路線はいずれも就航初日から運航する。マカオ線は毎日3往復、ダナン線は毎日2往復、ペナン線は毎日1往復する。

同社は同日、マイレージ会員の募集も開始。家族がそれぞれ貯めたマイルをまとめて管理・運用できる「家族アカウント」を台湾の航空会社として初めて導入した。

(汪淑芬/編集:名切千絵)