ヒキガエルをカエルと間違え食中毒 1人死亡 衛生当局が注意喚起/台湾

ヒキガエルをカエルと間違え食中毒  1人死亡  衛生当局が注意喚起/台湾
バンコロヒキガエル=資料写真、作者Evan Pickett、CC BY-SA 4.0
(花蓮中央社)東部・花蓮県豊浜郷の住民6人が先月下旬に食中毒にかかり、このうち1人が死亡した件について、同県衛生局は17日、検査の結果、有毒のヒキガエルをカエルと誤って食べたことによるものだったと報告した。

同局の朱家祥局長によると、6人は一緒に食事を取ってから1~4時間内に相次いで吐き気や嘔吐(おうと)、まひなどの症状を訴え、病院に運ばれた。事情を知る周辺住民によれば、6人は友人がつかまえた「カエル」を調理して食べていたという。症状が比較的軽かった5人は、治療後全員退院した。

同局は病院からの通報を受け、患者の自宅を訪れて検体を採取。衛生福利部(保健省)食品薬物管理署に送って調べたところ、台湾でよくみられるヒキガエルの一種、バンコロヒキガエルの毒が検出された。同局は、野生の動植物を十分に確認せずに食用にしないよう注意を促している。

(張祈/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。