制服組トップの参謀総長 ヘリ事故で殉職、最高位/台湾

制服組トップの参謀総長  ヘリ事故で殉職、最高位/台湾
ミラージュ2000戦闘機の首席試験飛行操縦士を務めたこともある沈一鳴氏=資料写真
(台北中央社)軍用ヘリコプター「UH60M」の事故で2日、沈一鳴参謀総長を含む8人が死亡した。参謀総長は制服組トップで、最高位の殉職者を出したヘリ事故となった。

1957年生まれの沈氏は上将。副参謀総長、国防部(国防省)常務次長、空軍司令などを歴任し、昨年7月に参謀総長に就任した。

1979年には当時、中華民国(台湾)と国交があったサウジアラビアの要請でイエメン・アラブ共和国(北イエメン)に潜入する計画に参加した経験を持つ。ミラージュ2000戦闘機の首席試験飛行操縦士なども務め、能力の高さが評価されていた。

(王揚宇、游凱翔/編集:楊千慧)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「制服組トップの参謀総長 ヘリ事故で殉職、最高位/台湾」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    中国本土の工作だったら・・・

    3
  • 匿名さん 通報

    「地獄の黙示録」と「ブラックホークダウン」を見比べるとヘリの形の違いがよく分かる。イロコイは寸詰まり。

    1
  • 匿名さん 通報

    22:48よ、ベトナム戦争が終わったのは1973年。UH60ブラックホークの生産配備が始まったのは1979年から。ベトナム人は一人も殺していない。それはUH1イロコイだろ。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月2日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。