軍ヘリ墜落で殉職の若き副官 参謀総長をかばう姿で発見/台湾

軍ヘリ墜落で殉職の若き副官  参謀総長をかばう姿で発見/台湾
ひざまずいて黄聖航少佐の遺影や位牌を迎える黄氏のめいたち=1月3日、苗栗県
(苗栗中央社)2日に北部の山中で発生した軍用ヘリコプター墜落事故では、搭乗者13人のうち、軍制服組トップの沈一鳴参謀総長ら8人が死亡した。沈氏の副官としてヘリに同乗し、運命を共にした黄聖航少校(少佐)は、沈氏をしっかりとかばう姿で発見された。最後まで上官を守ろうとしたとみられる。

北部・苗栗県出身の黄氏は1987年生まれ。黄家と親交がある同県の徐功凡県議によれば、休暇のたびに同県の実家に戻り、2年前に夫を亡くした母親に孝行するかたわら、事業で多忙な兄の代わりにめいの面倒を見るなど、とても家族思いだった。生前、旧正月(今年は1月25日)が明けたら、交際を続けていた女性と結婚するつもりだと打ち明けていたという。

黄氏のフェイスブックには、突然の悲報に接した友人からの哀悼メッセージが続々と寄せられている。

(管瑞平/編集:塚越西穂)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月3日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。