「民主自由の側に立とう」=蔡総統が支持訴え/台湾

「民主自由の側に立とう」=蔡総統が支持訴え/台湾
呉怡農氏(右)の応援に駆け付けた蔡英文総統
(台北中央社)蔡英文総統は10日、翌日の総統・立法委員(国会議員)選について「台湾は華人社会で唯一の民主主義国。台湾人が今回の選挙でどんな選択をするかを全世界が見ている」と述べた。その上で、「蔡英文を選ぶことは未来を選び、民主自由の側に立つことになる」として支持を訴えた。

蔡総統は同日午前、立法委員選で台北市第3区(中山、北松山)に立候補する与党・民進党の呉怡農氏の応援に駆け付けた。「呉怡農を支持することは蔡英文を支持することになる」と有権者に呼び掛け、呉氏の当選と自身の再選を願った。

呉氏は1980年、米国生まれ。39歳。米エール大を卒業後、米金融大手ゴールドマン・サックスの香港支社に勤めた。2013年に台湾に戻り、記者やシンクタンク諮問委員、行政院(内閣)参議(顧問)などを経て昨年9月には出馬が発表された。最大野党・国民党所属の現職、蒋万安氏(41)との「イケメン対決」に注目が集まっている。蒋氏は蒋介石のひ孫。

(陳俊華/編集:羅友辰)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。