新型肺炎、台湾で患者を初確認=中国・武漢から帰国の台湾人女性

新型肺炎、台湾で患者を初確認=中国・武漢から帰国の台湾人女性
新型肺炎の初症例について説明する陳時中・衛生福利部長(保健相)
(台北中央社)中国・湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の患者が台湾で初めて確認された。中央感染症指揮センターが21日、発表した。同センターによると、確認された患者は南部に住む50代の台湾人女性。武漢で働いており、20日に武漢から帰国した際に発熱やせきなどの症状があったため、自主的に空港の検疫官に申し出たという。女性はすぐに病院に搬送され、隔離治療を受けている。

衛生福利部(保健省)疾病管制署は21日付で、武漢市の感染症危険レベルを3段階で最も高い「警告」に引き上げた。不要不急の渡航は控えるよう呼び掛けている。

(陳偉テイ、卞金峰/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。