台湾鉄道、旧正月期間の輸送力を増強 26~28日に自強号増発

台湾鉄道、旧正月期間の輸送力を増強  26~28日に自強号増発
台鉄の駅(資料写真)
(台北中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は旧正月連休期間中の混雑に対応するため、26日(旧暦1月2日)から28日までの3日間に、東部幹線と西部幹線で自強号(特急)を計12本増発する。24日発表した。指定席の販売はすでに始まっている。

台鉄や台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)の予測によると、23日から29日までの連休期間中、利用者がピークに達するのは旧暦1月3日の27日になる見通し。

台鉄は連休期間中、各種別で計279本を増発、延べ977両を増結することがすでに発表されており、今回の再増発によって輸送力をさらに増強する。高鉄は計386本を増発している。

(余暁涵/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。