日本統治時代から残るアーチ橋、インスタ映えで人気/台湾

日本統治時代から残るアーチ橋、インスタ映えで人気/台湾
1923年に建設された大平紅橋」
(桃園中央社)北部・桃園市龍潭区にあるアーチ橋「大平紅橋」が近年、「インスタ映え」のスポットとして人気を集めている。

同市の資料によると、赤れんが造りの橋は、日本統治時代の1923年に大倉組によって建設された。2001年に当時の文化建設委員会(現文化部=文化省)がまとめた「台湾歴史建築百景」に選ばれたほか、2003年には桃園県(現桃園市)の歴史建築にも登録された。

龍潭の文化・歴史に詳しい徐栄俊さんが26日までに中央社の取材に応じ、記念撮影は橋の美しさを際立たせる早朝や夕方にするのが一番いいとアドバイス。また、半日をかけて地元のグルメや、「桜花隧道(トンネル)」など周辺のスポットでの散歩を楽しむのも悪くないと述べた。

(呉睿騏/編集:羅友辰)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。