蘇行政院長、防疫対策の徹底を指示 病状や旅行先を隠匿すれば厳罰/台湾

蘇行政院長、防疫対策の徹底を指示  病状や旅行先を隠匿すれば厳罰/台湾
取材に応じる蘇行政院長=1月29日、台北
(台北中央社)蘇貞昌行政院長(首相)は30日、新型のコロナウイルスについて、中国と地理的に近く、人的往来も盛んな台湾は感染リスクが特に大きいと強調。衛生福利部(保健省)に対し、4つの防疫対策を徹底するよう指示するとともに、病歴や旅行先の隠匿など、防疫の妨げとなる行為を厳しく罰する姿勢を示した。

新型コロナウイルスによる肺炎に関して同部が行った報告会で述べた。4つの対策は物資の整備、組織化、防疫ネットワークの強化、マニュアル化。

物資の整備では、旧正月前に決定した医療用マスクの輸出停止と増産を着実に実行し、買い占めや値上がりを防ぐ。組織化では、中央と地方それぞれに対策センターを設け、中央省庁は所属部門、地方政府は所轄の自治体を総動員して防疫に取り組む。防疫ネットワークの強化では、航空や鉄道などの公共交通機関で必要に応じて消毒や体温測定を実施するほか、デパート、映画館などで安全対策の周知徹底を図る。

マニュアル化では各県市で感染者が確認された場合に備え、行政区分をまたいでカルテを閲覧できる制度を衛生福利部が設け、各自治体が感染源の特定など調査を実施しやすい環境を整える。また、感染者と接触するなどして追跡調査が必要であるにもかかわらず保健当局に協力しない人には過料を科す。

台湾の感染症予防・治療(伝染病防治)法では、出入境時に検疫所が行う調査に全面的に協力したり、必要な検査や隔離措置などに応じることが求められる。だがこのほど、感染者と同じ飛行機で25日に武漢から帰台し、14日間の自宅隔離が必要とされた男性が、調査書類に現住所ではなく本籍地の住所を記入し、連絡できない状態になっていたことが判明。男性の居所は29日に明らかになったが、10万台湾元(約36万円)の過料が科される見通し。

このほか22日にも、感染が確認された男性がマスクを着けずに南部・高雄市苓雅区のダンスホールに出入りしていたケースがあり、この男性には30万元(約108万円)の過料が科されるという。

(顧セン/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。