呉外相「WHOは重大な誤りの訂正を」=イタリアの台湾便発着禁止

呉外相「WHOは重大な誤りの訂正を」=イタリアの台湾便発着禁止
呉ショウ燮外交部長
(台北中央社)世界的に感染が広がっている新型コロナウイルス対策として、イタリアの航空当局が台湾の航空会社の乗り入れを暫定的に禁止すると発表したことについて、呉ショウ燮外交部長(外相)は2日午前、台北で記者会見を開いた。イタリア当局の決定は誤った認識と情報が原因だと指摘し、世界保健機関(WHO)は台湾に関する重大な誤りを訂正するべきだと訴えた。(ショウ=刊の干を金に)

イタリア当局は先月31日に措置について発表。台湾のほか、中国、香港、マカオの航空会社が対象で、期間は2月2日から4月28日までとされた。外交部(外務省)の姜森・欧州司長(局長)は2月1日、中央感染症指揮センターの会見で、WHOが台湾をウイルスの感染拡大が深刻な中国の管轄下にあるものとしたことにより、イタリア側に誤った認識をさせたとの見解を示し、WHOこそが「問題の根源」だと指摘した。

呉部長は、台湾は台湾であり、中華人民共和国の一部ではないとの考えを改めて表明。保健と飛行情報区のいずれについても、台湾と中国では全く別の独立した機関が管理しているとし、WHOは間違えるべきではないと強調した。

ベトナムも1日午後、台湾の旅客受け入れを同日から停止すると通知したが、外交部や交通部(交通省)民用航空局がベトナム側とそれぞれ交渉。決定は同日中に取り消された。

(張茗喧/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月2日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。