WHOから排除の台湾、欧州から支持続々 国会議員約100人が事務局長に書簡

WHOから排除の台湾、欧州から支持続々  国会議員約100人が事務局長に書簡
呉ショウ燮外交部長
(台北、ベルリン中央社)新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、世界保健機関(WHO)が各種報告で台湾の感染状況を中国に含めている問題で、外交部(外務省)は15日、欧州連合(EU)10カ国の国会議員105人が訂正を求める書簡をテドロス事務局長宛てに連名、もしくは個人名義で送ったと明らかにした。台湾を支持する声が欧州各地の議員から寄せられている。

イタリア政府は新型コロナウイルスの感染阻止策として、同国と中国、香港、マカオ、台湾間を結ぶ航空便の運航を2月初めから停止している。呉ショウ燮部長(外相)は、イタリアが誤った決定を下した根源はWHOの報告で、台湾の感染者数が中国に含まれていることにあると指摘。訂正を要求していた。

同部によれば、WHOに書簡を送ったのはチェコ、リトアニア、エストニア、ドイツ、オランダ、アイルランド、オーストリア、スロバキア、ハンガリー、スペインの10カ国の国会議員で、親台派組織に所属しているメンバーだという。書簡では今年の総会に台湾を招くことも要請している。

これに加え、スコットランド議会でも、親台派組織の超党派議員7人が、台湾のWHOへのオブザーバー参加を支持する動議を提出した。

また、スウェーデン議会では、親台派組織の幹部を務める議員が、WHOで台湾が排除されている現況に言及。圧力をかける中国を批判した。このほかにも、複数の議員が台湾の参加を支持する立場を表明。これらを受けリンデ外相は、台湾のWHOへの参加を求めてEUと共に努力していくとの姿勢を示した。

(陳韻聿、林育立/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月16日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。