台湾での感染者、23人に 死亡した白タク運転手の妹=新型コロナ

台湾での感染者、23人に  死亡した白タク運転手の妹=新型コロナ
中央感染症指揮センターの陳時中指揮官
(台北中央社)新型コロナウイルスに感染して死亡した白タク運転手の家族から、新たに1人の感染が確認されたことが分かった。これにより、台湾の感染者は計23人となった。中央感染症指揮センターが19日に発表した。

新たな患者は運転手の妹(60歳)。運転手は旧正月期間に開かれた親族の食事会に参加しており、同席した弟や母親、めいの夫への感染が17日までに判明していた。

同センターによれば、運転手の接触者217人を対象にウイルス検査を実施しており、すでに感染が確認された4人を除いては、189人が陰性で、残る24人が結果待ちとなっている。

運転手には海外への渡航歴はない。同センターは1月下旬に乗せた中国浙江省から帰国した台湾人の乗客が感染源である可能性が高いとみて調査を進めている。

死亡した運転手以外の感染者のうち、2人はすでに退院しており、残る20人の症状は安定しているという。

(陳偉テイ/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。