クルーズ船の台湾人が帰国 外交部、日本政府の協力に感謝

クルーズ船の台湾人が帰国  外交部、日本政府の協力に感謝
21日夜、桃園国際空港に到着した政府チャーター機
(台北中央社)新型コロナウイルスの集団感染が発生した大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に隔離されていた台湾人が21日、政府が派遣したチャーター機で帰国した。外交部(外務省)は同日、報道資料を通して日本政府の協力に感謝した。

同船に乗船していた台湾人は24人。このうち感染が確認された5人が日本の病院で治療を受けており、チャーター機で帰国したのは検査で陰性だった19人と、事前に派遣されていた医師1人の計20人。一行は同日夜、桃園国際空港に到着した。

同部は、同船が横浜港に足止めされて以来、日本側と密接に打ち合わせを続けてきたとし、19人が無事チャーター機に乗れたことに「安堵した」と喜びを示した。そして、これまで台湾側との調整、協力に努め、日本で治療を受ける5人の世話もサポートしてくれたとして、日本政府に心からの感謝を表明した。

(陳韻聿/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。