鉄道各社の感染症対策 サーモグラフィー導入、人の密集避ける工夫も/台湾

鉄道各社の感染症対策  サーモグラフィー導入、人の密集避ける工夫も/台湾
台北メトロ(MRT)が台北駅構内の改札口に試験的に設置した赤外線サーモグラフィー=同社の公式サイトより
(台北中央社)新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、台湾の鉄道各社がさまざまな取り組みを始めている。台北メトロ(MRT)は29日、体温をチェックできる赤外線サーモグラフィーを台北駅構内の改札口に試験的に設置。台湾鉄路管理局(台鉄)も同日、人が密集しやすい同駅1階ロビーの利用を期限付きで制限すると発表した。

サーモグラフィーが設置されたのは、台北メトロ板南線2番インフォメーションセンター脇(台北駅地下2階)の改札口。37.5度を超えた人に対して耳式体温計による再検温を実施し、37.5度以上38度未満であれば乗車可能。38度以上と確認されたら乗車を断った上で、医療機関への受診をサポートする。

今後の方針については、交通部(交通省)がサーモグラフィーを一括購入し、利用者数が多い駅に設置することを検討中だとしている。

一方、台北駅の1階ロビーはイベントスペースを兼ねており、広々とした床に大勢の旅行客や外国人労働者などが座り込んでくつろぐ姿が目立つ。台鉄は、4月30日までこうした使い方を禁止し、イベント向けのスペース貸し出しも停止するとした。ロビー周囲に看板を立てて周知徹底を図ったり、警察官を伴って定期的に巡回したりするほか、重点的に消毒も行うという。

(陳怡セン、黄旭昇/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「鉄道各社の感染症対策 サーモグラフィー導入、人の密集避ける工夫も/台湾」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    外国は2000億円規模のコロナ予算で対策をやっているのに安倍は?休校だ?対策費22億円だ?馬鹿か、、親の保障は?韓国は休業補償までやってるそうだ。世界一の阿呆安部晋三。

    0
  • 匿名さん 通報

    「医者を黙らせてコロナもなかったことにすりゃあいいんだよ。会食行ってくるわ」 by安部晋三ってか。

    0
  • 匿名さん 通報

    検査しない、感染者数出ない、私は仕事やってますポーズ。実際には隠れた感染者が激増。すでに外国は日本からの渡航者を制限。

    0
  • 匿名さん 通報

    「安倍様ああ〜〜検査しねえで感染者はいないってことにしてくだせえ〜〜 おらが死んだらただの肺炎ってことにしてくだせえ〜〜〜」by安倍ポチ

    0
  • 匿名さん 通報

    検査しないから感染者から妻や子供達、近所の人、職場の人、学校の子、とどんどん広がるんだよ。最初の1ヶ月に何もせず隠したからだ。

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月29日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。