新型コロナ対策、「封じ込め」と「減災」並行で=蘇行政院長/台湾

新型コロナ対策、「封じ込め」と「減災」並行で=蘇行政院長/台湾
蘇行政院長(中央)=同院提供
(台北中央社)蘇貞昌行政院長(首相)は2日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)対策を行う「中央感染症指揮センター」を視察した。台湾は感染予防の第一段階で「第一線を守ることができた」と評価した上で、今後は「封じ込め」と「減災」を並行して行う段階に入るとの考えを示した。

蘇院長は、同センターの開設レベルを先月27日付で最高の「第1級」に引き上げたことに言及。これにより、省庁間の連絡がよりスムーズかつ直接的に行えるようになったとし、問題が発生した際には真っ先に解決方針を提示していくべきだと述べた。

台湾では、新型コロナウイルス感染症に対応するための特別法が先月25日に成立。政府はさらに、産業救済などを目的とした600億台湾元(約2200億円)を上限とする特別予算も編成する方針だ。蘇院長はこれらに言及し、今後は省庁をまたいで防疫措置に当たる必要があるとし、重大な決定を行う会議は自ら司会進行を務めるとの姿勢を見せた。

(王承中/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。