前線通過で玉山が銀世界に 北部は気温急降下/台湾

前線通過で玉山が銀世界に  北部は気温急降下/台湾
前線通過で玉山が銀世界に
(台北中央社)台湾最高峰の玉山(標高3952メートル)で28日午前、3月に入って2度目の降雪が観測された。中央気象局によると、台湾本島を通過する前線に伴い、雨量が増していたという。

雪は午前7時5分から同8時25分まで1時間余り降り続け、約0.5センチ積もって山頂は一時的に銀世界となった。

28日は前線や北東季節風の影響を受け、中部以北や北東部で一時雨や雷雨となるほか、その他の地域でも不安定な天気となり、気温が低下する見通し。予想最高気温は北部・北東部21~25度、中部24~25度、南部27~30度、東部26~29度。北部では前日と比べて約10度低くなるとみられる。夜間から未明にかけての各地の最低気温も15~19度前後にとどまると予測されており、気象局は、寒暖差に注意するよう呼び掛けている。

(余暁涵/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「前線通過で玉山が銀世界に 北部は気温急降下/台湾」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    3952mって富士山より高いのか…道理で

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。