台湾の感染者、新たに7人 全て輸入症例、空港や在宅検疫で発覚

台湾の感染者、新たに7人  全て輸入症例、空港や在宅検疫で発覚
桃園国際空港で防疫専用タクシーを待つ人々=3月19日、桃園市
(台北中央社)中央感染症指揮センターは1日、新型コロナウイルスの感染者が新たに7人確認されたと発表した。いずれも米国や英国で感染した「輸入症例」で、5人は空港の検疫所、2人は在宅検疫中の検査で感染が判明した。

1日現在、台湾内の感染者は329人。このうち5人が死亡し、45人が隔離解除された。

(編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。