新型コロナ、下痢でも通報へ 見落とし防ぐ新たな指針=対策本部/台湾

新型コロナ、下痢でも通報へ  見落とし防ぐ新たな指針=対策本部/台湾
下痢でも通報へ  新型コロナの見落としを防ぐ新たな指針
(台北中央社)中央感染症指揮センターは4日、専門家会議を開き、原因不明の下痢も新型コロナウイルス感染症を疑うべき症例の一つとみなし、通報を求める指針を定めた。関連の行政手続きを経て後日、正式に発表される見通し。

同センターの陳時中指揮官は同日の記者会見で、最近、14日間の在宅検疫を終了した後に体調不良で医療機関を受診し、感染が判明するケースが増加していると指摘。最近伝えられている嗅覚や味覚の異常や下痢などの症状が見過ごされている可能性があることを踏まえ、今後は在宅検疫が解除される前に今一度、過去14日間の症状を見直し、見過ごされていた症状があれば改めて検査を行う方針を示した。

(張茗喧、呉欣紜/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。